自分に合った美容機器(beauty)を見つけよう!
  • 掲載記事数 97 記事
  • 掲載美容機器数

知ってるようで知らない。あなたは分かる?美容機器(美容家電)っていったい何?

更新日:2020年12月13日
ウエスト 脚・足 手・腕 頭・髪の毛

昨今、自宅でエステと同様の本格ケアができる美容家電が増えて
日々、新しい機能が搭載されたものや最新技術を自宅で実感できるものも多くなりましたね。

でも、一言に“美容機器(美容家電)”と言っても、どのようなものを指すのか、どんなものか知ってるようで知らないことが多くないですか?
そこで今回は、美容機器(美容家電)について掘り下げてみました。
是非、ご参考にしてください。

そもそも美容機器(美容家電)ってなに?

美容機器(美容家電)とは、身体(肌を含む)の構造・機能に影響を与えないもので、単に美容(洗顔や化粧品を塗る動作の代用程度)を目的とするもので                                    
美容状態の改善や向上を図ることを目的とした家電製品のことを指します。                                    
お肌の毛穴対策、リフトアップなどフェイシャル家電から痩身、リラックス効果などボディ用家電、ツヤ髪を作るドライヤーまで                                    
頭の先から足・爪の先まで様々なパーツを自宅で手軽にエステサロンのようなケアができる美容に特化した家電機器となります。                                    
                                    
また、美容機器は医薬品等の品質と有効性及び安全性を確保するために、製造、表示、販売、流通、広告などについて細かく定めた                                    
細かく定めた薬事法というものが絡んできます。                                    
美容家電(美容機器)はあくまでも身体(肌も含む)の構造・機能に影響を与えない、単に美容を目的とするものとなりますので                                    
標ぼうできる効果効能について以下のようになります。

薬事法に該当しない表現

薬事法に該当する表現

肌にハリを与える

頬の上で転がすことでフェイスラインが引き締まり、たるみが解消 

肌のキメを整える

シミ・そばかすの除去

肌をひきしめる

微弱な振動により、肌のシワ構造を改善

肌を滑らかに保つ

美白&肌がだんだん白くなる

(汚れを落とすことにより)皮膚を清浄にする

小顔を手に入れる

 

新陳代謝が良くなる

 

キメ・ハリ・潤いなどは商品の効果として事実であれば標ぼう可能です。                                    
しかし、たるみ・ほうれい線・シワ・毛穴の開きについて述べることは薬事法違反となります。                                    
                                    
皮膚のシミ・ソバカスを除去、新陳代謝促進、脂肪燃焼、毛根に作用して半永久脱毛するもの(レーザー治療)等                                    
身体の構造・機能に影響を与えるものは医療機器に該当する可能性が高いため注意が必要です。                                    
※医療機器とは                                    
①疾病の診断、治療、予防に使用することを目的とするもの                                    
②身体の構造、機能に影響を及ぼすことを目的とするものと定められております。                                    
                                    
つまり、上記のように顔の形の変形といった身体の構造や肌機能に影響を及ぼすかのような表現は『医療機器』に該当するため                                    
医療機器として承認されていない場合は一切標ぼうしてはいけません。                                    
美容機器(美容家電)は劇的な変化や治療を目的とするものではなく、あくまでも身体(肌を含む)の構造・機能に影響を及ぼさずに改善や向上を図ることが目的となります。                                    
                                    
例えば・・・                                    
・遠赤外線効果:血行がよくなる・肩こりが治るなどの効果をうたうのであれば『医療機器』                                    
    単なる物理的な保温効果であれば『美容機器』                                
・脱毛効果:    毛根に作用して半永久的に脱毛できるものであれば『医療機器』。                                
    生えてる毛のみを物理的に切断するものは『美容機器』                                
※家庭用として売られているレーザー式脱毛器は光の熱量の出力を抑えており、医療機器と同じような効果が期待することができないため『美容機器』となります。

なぜ美容家電がいいの?

それぞれの悩みに直接働きかけることで、すぐに効果を実感できます。
また、自分ではケアしきれない毛穴の奥に詰まった汚れやマッサージが簡単な操作で手軽にできます。

そして、エステに通うのは時間とお金がかかりますが、自分の好きなタイミングでエステと同じような効果を実感することが可能です。
エステに通うと、コースを組まされる場合や2回目以降の料金が高かったり、スケジュールの調整もあると思うと気軽に利用するにはハードルが高い人が多いと思いますが
美容機器(美容家電)があれば、自分のお肌や身体の調子に合わせて、好きな時にお手入れが出来る為、気楽にコストをかけずにケアできます。

最初に美容機器(美容家電)を買うときは初期投資として少しお金がかかりますが、追加料金もかかりませんのでコスト面で節約になります。

美容機器(美容家電)の効果とは?


直接器具を当てて、マッサージなどの刺激を与えたり、超音波によるミストやスチーム、イオンなどを噴射することで
皮膚の新陳代謝を促進したり、美容液の浸透・保湿効果を高める効果が期待できます。顔面のシワやくすみの改善・お肌のトーンアップ、乾燥を防ぐといったケアができる
ローラーがついているものでは、マッサージ効果によりリフトアップやすっきりとしたフェイスラインも期待できます。

目元
ヒーターでまつげをカールさせるものやスチームやイオン効果で目元を温め、ハリやくすみを改善するケアができます。
マッサージ機能がついているものでは、リラックス効果も期待できます。

全身
ローラーを顔または身体に押し当ててマッサージすることで、皮膚の引き締めやむくみを改善するケアができるほか、
磁気や超音波、ヒーターが搭載されたものも多く、マッサージ効果から疲れの改善が期待できます。
除毛・脱毛を目的としたものもあり痛みや肌のダメージを抑えてこまめにケアすることができます。


温浴効果やマッサージ機能がある機器では血行促進や美脚効果を期待できます。
また、電動式やすりなど角質を除去しかかとを滑らかにする機器もあります。

頭皮
頭皮に刺激を与えたりマッサージをすることで、血行を促進し疲労回復や抜け毛防止、髪の毛の艶の向上を期待できます。
また、毛穴の汚れ、老廃物除去も期待できるため、フケやかゆみ、頭皮のべたつきの改善も期待できます。


爪磨きや甘皮の除去、ネイルを目的としたネイルケアができます。

美容機器(美容家電)はどんな人に向いている?

エステに通うのは時間もお金もかかりますが、美容機器があれば手軽にエステと同じようなケアができ効果的にパーツの悩みに働きかけることができます。    
時間もお金もかけずに、エステと同じようなケアですぐに効果を実感したい方におすすめです。    

    
毛穴の開きやたるみ、シワくすみ、乾燥など気になる方に。    
マッサージやスチームなどの温冷効果により肌の新陳代謝を促進することで、肌の保湿効果を高めたり、シワやくすみの改善に繋がります    

目元   
日々のパソコンやスマートフォンで目の疲れを感じてる方や、目元のくすみ、たるみやクマにお悩みの方に。    
マッサージ機能がついているものや温める機能がついているものが多く、リラックス効果や血行促進の向上を期待できます。    

全身    
セルライトやむくみ、体毛などにお悩みの方に。    
ローラーや磁気や熱によって、もみほぐしたり血行促進をしマッサージすることで老廃物の除去や皮膚の引き締め効果が期待でき    
むくみの改善やシェイプアップ効果に繋がります。    
除毛・脱毛アイテムでは照射レベルを選べるなど肌への刺激を考えてあるものが多く、サロンよりも手軽に、そしてその日の体調やコンディションにあわせて使用できます。    

    
足の疲れやむくみ、だるさがある方や、かかとがカサカサの方に。    
温浴効果やマッサージ効果によって血行促進とすっきりとした脚を期待できます。冷えた足が気になる方は温感機能付きのマッサージを選ぶことで    
冷えの対策もできます。また、角質ケアは、電動を選ぶことで厚みのある角質も時短・即日でケアをすることができますので    
手軽に簡単にケアすることができます。    

頭皮    
髪の毛が細くなった、艶がなくなったと感じる方、抜け毛や頭皮環境が乱れている方。またフェイスラインのリフトアップしたい方にも。    
頭皮ケアアイテムでは頭皮の毛穴汚れや老廃物除去により健やかな髪の毛を育毛・発毛する効果が期待できます。    
また、頭皮と顔の皮膚は一枚でつながっているため、頭皮がたるむと顔のたるみに繋がります。    
その為、頭皮をマッサージしコリをほぐし血行を良くしておくことでフェイスラインにもうれしい効果が期待できます。    

    
自分のスケジュールに合わせてネイルケアをしたい方に。    
爪やすりや甘皮のケア、巻き爪のケア、ジェルネイル・デコネイルの除去ができます。    
ネイルサロンにいく手間やコストが抑えられ、自分の時間で手軽にできる為、忙しい方やお店の予約などが面倒な方にはおすすめです。

いつ使用するのが良いの?

1.肌や身体に疲れを感じたとき
各パーツ別の美容機器の大半にはマッサージ機能や肌を温めたり冷やしたりする効果が備わってます。    
マッサージで血行促進や老廃物を体外に排出できる効果が期待できます。またマッサージによってリラックス効果もあるため、疲れている体を癒せます。    

2.むくみ、たるみ、艶がないなど気になるパーツを見つけたとき 
超音波やスチーム、また微細な振動をするものや肌を温める機能では、血行がよくなりハリや艶の改善が見込めます。    
全身をマッサージするものでは、筋肉や脂肪をほぐす効果が期待できるためむくみ改善の向上が図れます。    

3.年齢を実感してきてエイジングケアをしたいと感じた時
超音波やイオン導入できるもの、ローラーやスチームなど様々なタイプのものがありますが、いづれも血行促進や美容成分の浸透をスムーズにするなどの効果が見込め    
肌にハリや艶、色むらの改善などが期待できます。マッサージ効果があるものではフェイスラインもすっきりとしたるみの改善も期待できることから    
効果的にエイジングケアができます。        
 

この記事の執筆者
なべ
なべ

休日には映画を見て、時間がある時はドラマを見て、ひとりでいる時は音楽を聴いている趣味「エンタメ」な人間です! また、動画配信アプリは11個、音楽配信アプリは12個登録して使い比べている「エンタメアプリオタク」でもあります。

 カテゴリ関連記事
自分に合った音楽アプリを見つけよう!