自分に合った美容機器(beauty)を見つけよう!
  • 掲載記事数 97 記事
  • 掲載美容機器数

目の疲れをスッキリ解消!パナソニック 目もとエステ(EH-SW67)の魅力

更新日:2020年12月13日

パソコンやスマホが普及し、これらは現代人には欠かせないアイテムになりました。        
それに伴い、私たちの目もとっても疲れた状態に。知らぬ間に目を酷使しています。        
そして、自分では気づいていないかもしれませんが、あなたの肩こりや頭痛、軽いうつ症状は、目の疲れの可能性があるんです。        

そこで、目の疲れだけではなく、目の乾燥の悩みもケアできる目元エステEH-SW67をご紹介いたします。        
目の疲れ、甘く見てはいけません!        

パナソニック 目もとエステ(EH-CSW67)とは?

仕事や私生活で長時間パソコンやスマホ、タブレットを使用しているあなたの目。とても疲れていませんか?    

現代の私たちの生活は、パソコンやスマホはなくてはならないアイテムになりました。    
つまり、私たちは通勤から寝るまで間、常にピントを合わせている状態で目の周りの筋肉を酷使していると言えます。    
さらに、パソコンやスマホなどはLEDディスプレイが使用されているため、ブルーライトと呼ばれる強いエネルギーを持った光が出ています。    
ブルーライトは可視光線の中でも、もっとも波長が短く角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。    
これは、網膜に到達する光の中で、紫外線にもっとも近い強いエネルギーを持つ光が、ブルーライトといえます。    
デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは目や身体に負担をかけることが分かっているため、厚生労働省も使用時のガイドラインを出すほど。    
しかしながら、実際に私たちがパソコンやスマホを使用せずに仕事や生活をすることは可能でしょうか?    
    
目や身体に負担をかけていると理解していても、仕事上パソコンを見なければならない、スマホが欠かせない方ばかりではないでしょうか?    
ブルーライトに長時間さらされている環境の私たちは、目の疲れや頭痛、寝つきの悪さなど、悩みを抱えている方も多いと思います。    
    
そんな疲れ目のケアが出来るのが、パナソニック 目もとエステ。    
目の周りの筋肉をほぐし、疲れを解消することができる上に、スチーム機能で目元の乾燥を改善することが可能です。    
実際、目の周りの筋肉をほぐしたり、温めて血行を促進することで、目の疲れや緊張、ドライアイが改善されます。    
また、睡眠の質も改善が見込めるため、積極的に目のケアをすることをおすすめいたします。    
目もとエステは目の周りの筋肉をやさしくほぐし、潤いを与える美容機器になります。    
温感ヒーターは3段階、リズム(コース)も3種類から選ぶことが出来るため、シーンやお好みに合わせて組み合わせて使用することが可能です。    
また、小型ファンを搭載しているため、従来の目もとスチーマーに比べ約2倍のスチーム量になっており、たっぷりのスチームが乾きがちな目元を隅々まで保湿することができます。    
温感ヒーターは高(約42℃)、中(約40℃)、低(約38℃)と従来のものよりも細かく温度調整ができるように改良されています。    
コースはリフレッシュコース、リラックスコース、クイックコースの3種類から選択でき、一番短いコースはクイックコースの6分、残りは約12分となります。    
横になって目もとに乗せるだけで使用できますが、座っても使用できるようにバンドがついているのでご安心ください。    
    
より、リラックスをしたい方は別売りで5種類のアロマタブレットがありますので、アロマタブレットを装着し、香りと共にリラックスをすることも可能です。    
目もとエステは1日1回の使用になります。充電については約1時間充電フル充電で約2回(1回約12分)使用できます。    
ちなみに、スチーム機能を搭載しているため、メイクをしたまま使用するとメイクが落ちます。    
本体は水洗いができないので、衛生的に長く使用することを考えると、メイクを落としてから使用することをおすすめいたします。    
海外でも使用が出来るため、オフィスや旅行先での使用など持ち運びにもおすすめです。

出典:パナソニック 公式HPより
https://panasonic.jp/face/eye_esthe/products/EH-SW67.html

どのような効果があるの?3つの効果!

1.目の周りの筋肉をやさしくほぐし疲れを解消できます    
目もとエステを使用している際は、目を閉じてマッサージをされている状態になります。    
忙しい環境の中で、あなたは寝るとき以外で目を閉じてゆっくりすることありますか?    
目もとエステは目を閉じて約12分間使用しますが、これによって強制的に目を休める時間を作ることができます。そして、小刻みなリズムや規則的なリズムで目の周りの筋肉や緊張をほぐすことができます。    
目の疲れを解消するための効果的なケアとして、マッサージやホットアイパックの使用があります。    
目もとエステはこの両方が搭載されているので、1台で温めとマッサージをすることができる疲れ目のケアに適した美容機器と言えます。    
目の周りは皮膚も薄く、筋肉をほぐそうと思って自分でマッサージをすると皮膚が傷ついてしまったり、効果的に筋肉をほぐすことができないなどのデメリットがありますが    
目もとエステを使用すれば目や目の周りの刺激も少なく、優しく疲れ目をケアすることが可能です。    

2.保湿効果により目もとが潤います♪    
目もとエステ EH-SW67は従来のものよりもスチーム量が2倍になっています。    
これは、本体内部に小型ファンを搭載していることで目元に直接届くスチーム量が格段に増え、乾きがちな目元をしっとりと潤わせてくれます。    
また、コースに合わせてファンが回ったり止まったりすることで、たっぷりのスチームが揺らぎメリハリの温感が続く仕組みになっています。    
さらに、目もとの乾燥は、小ジワやメイク崩れの原因になるため、目の周りを潤すと小ジワやメイクノリの改善が期待できるので    
疲れ目やドライアイのケアだけではなく、美容にもとっても効果があります。    
目の周りは皮膚も薄く、皮脂が少なく水分を抱え込む力が少ないため、特に目の周りはしっかり保湿をしてあげることで老け顔のケアもできます!    

3.スーッと眠りにつける    
マッサージをされているとき、知らない間に寝てしまうことありませんか?    
目もとエステのユーザーさんの中で一番多い声が、【知らない間に寝ちゃってた!】でした。    
疲れ・凝りやブルーライトによる刺激から解消されるた目は、じんわり温められ優しくマッサージをされることで緊張から解放され血行もよくなります。    
脳に近い顔や頭をマッサージすることで脳内の血流もよくなるため、心身ともにリラックスすることができます。    
心身ともにリラックスすることで、自律神経が整うためスムーズな入眠や快眠が期待できます。

なぜパナソニック 目もとエステ EH-SW67がいいの?

1.スチーム機能搭載で目元しっとり♪    
目の周りを潤すことで、ドライアイや目元の乾燥やたるみを改善することができます。    
ドライアイは、目の周りが冷えることで血行不良になってしまうことが原因の一つと言われています。    
つまり、目の周りを温めて血行が良くなると、老廃物を排出でき、目の表面をガードする油分の分泌が促されるので、ドライアイを防ぐ質のよい涙をつくれます。    
また、目の周りの皮膚はとても薄く、油分も少ないうえに水分を抱え込む力が少ないパーツになります。    
目もとを温めて、血行を促進することで肌を作るのに必要な栄養が細胞の隅々までいきわたり肌を活性化することができると共に    
血行が良くなることでむくみも取れますので、むくみによる皮膚のたるみを解消することができます。    
目もとの乾燥はシワにも繋がりますので、スチームで肌の内側から温め、血行不良を解消し新陳代謝を整えることで乾燥もケアできる魅力があります。    

2.優しく、目元のコリをほぐします    
目もとは皮膚も薄くとてもデリケートな部分になります。    
目もとエステのマッサージはとてもやさしいタッチで目の周りのコリをほぐしてくれます。    
目を酷使していると筋肉が緊張し、凝り固まりますが、これは目元に弾力がなくなる原因のひとつになります。    
目元を温めることで、凝り固まっていた眼輪筋が弛緩して弾力が戻り、目の下の皮膚にもハリが出て、クマの解消にも繋がります。    
さらに、マッサージも同じように筋肉をほぐし、目の周りのツボを刺激してくれるのでリラックス効果も高く、眼精疲労に効果が期待できます。    
マッサージすることで、目もとのむくみも取れスッキリするため、ぱっちり目になります!目元の印象も大きく変わりますよ。    

3.エコでコスパ良しのお手軽ケアが出来る    
めぐリズムの『蒸気でホットアイマスク』など、手軽に使用できるアイテムもありますが    
ゴミやコスパを考えると、ずっと目もとエステのほうがお得です。    
まず、目もとエステはゴミが出ません。とってもエコだと思います。使用するのはお水のみ。そしてマッサージやスチームや温度調整の機能が搭載されています。    
初期投資として、目もとエステはコスト少し高いように感じるかもしれませんが、繰り返し使用するという意味ではかなりコスパが良いと言えます。    
蒸気でホットアイマスクを愛用している方、あの使用感は好きだけど物足りないと感じている方は是非マッサージ機能や温感ヒーターが搭載されている目もとエステを検討してみてはいかがでしょうか?    

誰におすすめ?こんな人には効果あり⁈

1.パソコンやスマホを長時間使用している人
パソコンやスマホなど、ブルーライトが多く含まれるLEDディスプレイの画面を見る時間が増えている私たちの生活は、まばたきの回数が減り、目が外気にさらされ目が乾きます。
そして、長時間小さな文字を読んだり目を酷使することで、ピントを合わせる役割の毛様体筋がこわばり、眼球を動かす外眼筋も硬直します。酷い場合は全身の筋肉が固まり頭痛、吐き気などの症状に繋がります。
日常生活の中で、パソコンやスマホを使用しないのは難しく、現代人のほとんどの人は目が疲れている状態にあります。
しかし、あまり目の疲れを気にしていない人が多く、眼精疲労をそのままにしておくと深刻なドライアイや上記の症状に繋がります。
目もとエステはスチーム機能とマッサージ機能が搭載されており、スチームによる温めとマッサージの相乗効果で、より目の周りの血行を促進し、筋肉を緊張から解放・ほぐす効果が高いため
日常的にパソコンやスマホを使用している方にはおすすめしたいです。
目の疲れは、ほんの1分間目を閉じるだけでも回復しますので、目もとエステを使用している約12分間はゆっくり目を休めさせてあげることができます。
忙しく、目を酷使している生活だからこそ、目のためにも、強制的に目を休ませてあげる時間を作ることも必要かもしれませんね。

2.頭痛や肩こりに悩んでいる人
目の疲れによって肩こりや頭痛の症状を感じている人も多いのではないでしょうか?
長時間にわたるコンピューター作業はディスプレイを見たり、キーボードを使用することで目の筋肉へ負担がかかった状態で同じ姿勢で作業を続けているため、肩周辺の筋肉も同時に凝ることがあります。
そして、ブルーライトの影響で脳はピントを合わせるのに時間がかかり疲れやすくなります。脳が疲れて機能が低下すると、肩こりを招いてしまうことがあると言われています。
頭痛も同じように、視力の低下や目を凝らして作業することで目の周りの筋肉が長時間緊張した状態になるため頭痛を引き起こす原因になってしまうようです。
つまり、目もと周りを温めてマッサージをすることで、筋肉のコリをほぐし、目もとを緊張から解放してあげることで頭痛や肩こりにも効果が見込めます。
目もとエステはオフィスでも使用できる、約6分間のクイックコースが搭載されているため、仕事中に目の疲れを感じた時や自宅でちょこっとしたい時に使用することも可能です。
目の周りのツボを刺激すると、眼筋に溜まった疲労物質を流すことができます。オフィスの疲れ目も目もとエステをちょこっと取り入れるだけで疲れ目を解消することができますので
仕事中、気づいたら目頭を押さえてしまっている方や頭痛・肩こりで悩んでいる方は、是非一度試してみてください。

3.寝つきが良くない人
目の疲れというよりも、ブルーライトによって睡眠の質が落ちることが分かっています。
ベッドに入ってもスマホを見ている人、寝る直前まで仕事をしている人も多いと思いますが、就寝前にブルーライトを見ていると睡眠に影響を及ぼす可能性があります。
目もとエステは3段階の温感センサーで好みの温かさを調整でき、スチームでじんわり温めることができます。また就寝前におすすめの【リラックスコース】が搭載されています。
就寝前に目もとを温めることで眼筋がリラックスし、副交感神経の働きが良くなるため心地良く眠りにつけます。つまり、就寝前に継続して目もとエステを使用することで睡眠の質が改善し、寝つきが良くなるはずです!
最近では、温熱によるリラックス効果が眠りの質も高めてくれることが分かってきているため、就寝前に目を温めることが睡眠の質の向上に効果的と言えるのではないでしょうか。    

いつ使うべき?目もとエステ(EH-SW67)はこんな時の使用がおすすめ!

1.就寝前に    
質の良い睡眠のために、就寝前に目元を温めて寝ることをおすすめいたします。その際は少し部屋の照明も暗くすると良いですよ♪    
目もとエステは別売りですが、アロマタブレットが5種類ありますので、香りもセットすることで、より、副交感神経を活性化することができます。

副交感神経は人がリラックス状態にあるときに活発に働く部分で、眠りとも深い関係にあります。    
この副交感神経を活発化させるのに効果的なのが、目元を温めることなのです。そのため、就寝前に目元を温めることは、良い睡眠を導くためにはとても有効な手段と言えます。    
目もとエステを就寝前に使用すれば、目元をやさしく温めることができますので快眠が期待できます。    

2.目の疲れを感じたら    
朝起きてから寝るまでの間、何時間パソコンやスマホを見てましたか?    
私たちの目は一日中、知らずのうちに緊張状態にあり酷使しています。    
気が付いたら目が乾く、目の奥が痛い、ひどい時は頭痛が・・・なんてこともあります。    
そんな時は、目元を温めて血流を促進させることが大切です。目元を温めるとデトックス効果も期待できます。    
そして、目のまわりの筋肉をほぐすと目元のむくみがとれ、目もパッチリします。目の疲れを感じたら、目もとエステでマッサージと温めをして、リフレッシュできます。    

3.リラックスしたいとき    
目もとエステは温感・スチーム・マッサージが1台になった目もと美容機器になります。    
目の周りには交感神経から副交感神経に切り替わるスイッチがたくさんあるため、温めやマッサージによって筋肉の緊張をほぐすことで    
リラックスのスイッチが入るんです。さらに、目の周りを優しくマッサージすることで疲れ目が解消されます。    
目元を温めると同時に、好きな音楽やアロマを用いることで、より心が安らぎ心身共にリラックスすることができますよ。        

この記事の執筆者
なべ
なべ

休日には映画を見て、時間がある時はドラマを見て、ひとりでいる時は音楽を聴いている趣味「エンタメ」な人間です! また、動画配信アプリは11個、音楽配信アプリは12個登録して使い比べている「エンタメアプリオタク」でもあります。

 カテゴリ関連記事
自分に合った音楽アプリを見つけよう!